Just talking to myself ― たねのひとりごと

再開

ずうっと空を見上げるだけで精一杯な日々だった。その冴えた青を四角い小窓に収めることさえも億劫だった。

余裕ができたわけでもないけれど、フッと一呼吸して、空に小さなレンズを向けてみたら、やっぱり空はいい、と囁くものがいた。

そうして、空の色採取は再開した。

   »

コメントはお気軽にどうぞ

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。